2011年10月03日

今日からぐっすり眠れる方法をお伝えします

今日からぐっすり眠れる方法をお伝えします

不安で眠れなくても大丈夫です。 精神医学者である高田明和が、 今日からぐっすり眠れる方法をお伝えします。

不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法





私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

不眠症で悩んでいる人があまりにも多いから

そして、その人たちに“今日から深い眠り”を手にしてもらうためです。

「でも、睡眠薬を飲んでも眠れない夜が続いているし・・」

という声が聞こえてきそうですが心配はいりません。

実は、以前の私も“慢性的な不眠症”だったのです。

仕事や人付き合いのストレスから、ベッドに入った瞬間に考え込んでしまい
朝になるまで寝付けないという毎日を送っていました。

身体のだるさに限界を感じ、付き合いのある医師に相談してみると
「慢性的な不眠症」という診断だったのです。

睡眠薬を飲むことで一時的には眠れるようになりましたが、
日を追うごとに薬の量も増えていき、いつしか効かなくなりました。

また寝付けない夜に戻ると、一気に片頭痛、だるさ、疲労感などがおそいかかり
日常生活を普通におくることができなくなってしまったのです。

職場の人にも迷惑をかける日々が続き人間関係も悪化していきました。

あんなに可愛がっていた孫の遊び相手ですら、まともにしてあげることが
できない状態までに追いつめられてしまったのです。

私はなんとかして不眠症を克服しようと色々な方法を試し続けていました。

これら、世間一般的に不眠に良いといわれていることを
何度も何度も繰り返し試してきました。

しかし、一向に眠れる気配がなかったのです。

寝る前に本を読むといいと聞き、やってみましたが
脳が興奮して逆に目が覚めてしまいました。

強いアルコールを飲んだ時は、寝つきはよかったのですが
神経が高ぶったせいで夜中に目が覚めてしまい結局朝まで眠れない状態に
なってしまいました。

睡眠薬に関しては、服用のしすぎでこれ以上飲むと
薬なしでは生きていけない体になると宣告されたのです。

毎日2時間という睡眠で精神状態がおかしくなっていました。

どんな方法でもいいから今すぐに眠りたい・・・
私はあらゆる手段を四六時中考えるようになっていました。

そんな中、“ある一つの方法”が私の頭に浮かびました。
「もしかしたら、この方法で眠ることができるかもしれない・・・」

そして、その方法を実際に試してみることにしたのです。

すると・・・

その日の夜、心地いい睡魔におそわれ、
朝まで“ぐっすり”と眠ることができたのです。

それ以来、毎晩のように熟睡できるようになってしまいました。

もちろん、病院や睡眠薬には一切頼っていません。
また、運動やアルコールもやっていません。

つまり、今までの生活リズムを変えずに、
自然にぐっすりと眠れるようになる方法を見つけてしまったのです。

この不眠克服法の効果は、たちまち口コミで広がり
TVや書籍でも紹介されるようになってしまいました。


慢性的な不眠症を
“一瞬にして解消”してしまう方法とは!?

満足に眠れない日が続くと「体がだるい」「日中に居眠りをしてしまう」など、日常生活にさまざまな支障をきたします。

これは本人にとっては大変深刻な問題ですが、これらの悩みを訴えたところで「本人のやる気の問題」と周囲から一蹴されてしまいがちです。

すると、悩みを解消することもできず、そのため一層眠れなくなるという悪循環に陥ってしまうことが多いようです。

いつまでも眠れない状況を放っておくと大変危険な状況になる場合も少なくありません。

私が見てきた中で不眠に悩む人たちの一番の原因はやはり人間関係のストレスからでした。

そして、以前の私と同じように、

間違った方法で不眠症を解消しようとしていました。

リラックスするため、就寝直前に入浴する
寝つきをよくするために、アルコールをとる
眠れなくてもベッドの中でじっとしている
眠れない時は、タバコを吸う
眠れない時は、ベッドの上でテレビや本を読む
肉体的な疲労感を得てよく眠れるようにする
日中、眠くなっても、夜眠れなくなるので昼寝はしない
睡眠薬を使っている

もし、あなたもこのような事をやっているのなら、
いつまでたっても不眠症は解消されることはありません。

例えば、

一般的に「リラックスするため、就寝直前に入浴する」
ということが言われています

しかし、体温が下がった時に眠りに入るというのが睡眠の仕組です。
就寝前に入浴してしまうことは体温を上げることになり、睡眠を妨げてしまうのです。

また、「寝つきをよくするためにアルコールをとる」というのも
不眠症には逆効果になってしまいます。

飲酒はむしろ脳を刺激してしまうのです。一時的に脳がマヒして眠りを
誘うこともありますが、睡眠時間が短くなり、夜中に何度も目覚めてしまいます。

「眠れないときにタバコを吸う」これも逆効果です。

眠れない不安から自分を落ち着かせようとタバコを吸いたく
なる気持ちは分かります。

しかし、喫煙はニコチンの刺激だけでなく
脳の血流を減らし、酸素不足になるため不眠を招き起こすのです。

「じゃぁ、どうすれば眠れるの・・・?」

あなたが今夜からぐっすりと眠るためには
たった3つのステップを取り組めばいいだけです。

ステップ1 まずは、チェックシート使いあなたの不眠度を知っていただく。

ステップ2 その後、眠る前にある事をやってもらいます。

ステップ3 安心して今日の夜からぐっすりと眠れるようになります。

この3ステップに取り組んでいただければ、
あなたも今日の夜からぐっすりと眠れるようになります。

「本当にこれで、ぐっすりと眠れるんですか・・?」

あなたがこう思われるのも無理はないかもしれません。

ですが、事実この方法で2000名以上の人たちが
不眠症の苦しみから解放され、ぐっすりと眠れるようになっているのです。
不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法


今日からぐっすり眠れる方法をお伝えします

不安で眠れなくても大丈夫です。 精神医学者である高田明和が、 今日からぐっすり眠れる方法をお伝えします。


あなたの眠りと人生を変える
熟睡 睡眠ぐっすり寝ましょう。
グッスリ睡眠プログラム
ラベル:睡眠 快眠
posted by すいみん at 20:34| 新潟 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。